energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

並行輸入とは?

こんにちは!energy closet(エナクロ)代表のサユリです!

 

 

みなさんは並行輸入品とは何なのか知っていますか?

 

ブランド商品には正規輸入品と並行輸入品があります。

並行輸入品と聞くと、本物ではない印象を持ったり、正規品と何が違うのか疑問を抱いたりするでしょう。

この記事を通じて並行輸入品とは何なのか、正規品との違いやメリット、デメリットなどを紹介します。

 

 

 

 

 

 

【目次】

1.並行輸入品とは?

2.なぜ並行輸入品は正規品なのに安いのか

3.並行輸入品の2つのメリット

4.並行輸入品の3つのデメリット

5.並行輸入品と通常輸入品はどちらを選ぶべきか

 

 

 

1.並行輸入品とは?

並行輸入品とは、正規輸入ルートの一部を省いて輸入してきた商品のこと。

並行輸入品には基本的に偽物は無く、正規品で違法性は無いので安全性は高いと言えます。

並行輸入品と言えど、本物・正規品を取り扱っている点には違いが無いのです。

最近は並行輸入品と偽り偽物を販売する悪質な手口が増えてきており、出品者のレビュー数や評価を参考に安全かどうか見極める必要が出てきています。

ちなみに、並行輸入品は1971年までは違法でした。日本では合法になりましたが、未だ違法な国もあり出品者側に回る場合は更なる注意が必要です。

 

 

 

2.なぜ並行輸入品は正規品なのに安いのか

先ほどの説明だけでは、並行輸入品とは何なのか具体的にイメージしづらいと感じた方もいたのではないでしょうか。

ここでは、並行輸入品が安い理由と合わせてそれぞれの輸入ルートを示しながら解説していきます。

通常輸入品と並行輸入品、どのように異なるのか意識しながら見てみてください!

 

 

【通常輸入品の流通ルート】

海外メーカー

国内直営店・正規代理店

日本の小売店・販売店


消費者

 

 

【並行輸入品の流通ルート】

海外メーカー

海外直営店・海外正規代理店など

並行輸入者(海外ブランドに無関係の個人や会社)

メーカーと直接関係が無い第三者が購入して輸入

日本の小売店・販売店(もしくは直接消費者へ販売)


消費者

 

 

 

みなさんは両者の違いについて気づきましたか?

正解は、日本の正規代理店を通らない点です。

そしてこれが偽物でないのに並行輸入品が安い理由です。

企業側としてはサービスを充実させたり、クレームを減らすことでブランドイメージを損なわなようにする目的で正規代理店を通します。

正規代理店を通すことで多少コストがかかっても、これらのメリットがあるので省略しないわけですね。

※例えば、この記事を読んでいるあなたが大量に海外でブランド商品を購入し、日本に持ち帰って売れば、それは並行輸入品となります。

 

 

 

3.並行輸入品の2つのメリット

 

並行輸入品とは何なのかが分かったところで、並行輸入品のメリットについて解説していきます。

並行輸入品には、通常輸入品と流通ルートが違うからこそ、消費者にとって嬉しいメリットが2つあります。

 

 

①安い

並行輸入品を購入する上でこれが一番のメリットでしょう。

偽物でもない限り並行輸入品ほど安い商品はないですし、安いから並行輸入品を選ぶ人も多いはずです。

基本的に偽物はありませんが、どうしても入手ルートで偽物が混じる可能性があるので、レビューを見て安全かどうかを判断するようにしましょう。

正規品はブランドイメージの維持や売値の急落防止のため、値下げされることは稀です。

並行輸入品はそういった制限に捉われずに販売されるので、正規品より安い価格での販売が可能となっています。

為替の変動を見て輸入すれば仕入れ値を抑えられるので、販売価格の値下げを実現できるのです。

 

 

②国内未販売の商品が買える

並行輸入品は日本の正規代理店を通すわけではないので、日本では購入できない商品を購入できるメリットがあります。

需要があるにもかかわらず日本で取り扱いが少ない状況を見て、それを逆手にとりビジネスにしている人がいるからです。

海外のショップで買い付けた商品をAmazon等の通販サイトで売ることで、差額を利益とするわけです。

 

 

 

4.並行輸入品の3つのデメリット

並行輸入品はお買い得で国内未発売の商品が買えるので良いことばかりのように見えますが、並行輸入品だからこそのデメリットが3つあります。

 

①規格や気候などが日本と合わない場合がある

ブランド側が日本で発売しないと判断するには、それなりの理由が必ずあり、日本のサイズ規格と合わない、商品の生地などが日本の生活や気候に合わないなどが考えられるので、日本未発売の並行輸入品はサイズが合わない、長持ちしないなどがあるかもしれません。

 

 

②保証サービスやアフターケアが充実していない

並行輸入品とはメーカーが必ずしも保証する商品ではないので購入後に不都合があっても、メーカーの返品交換サービスや保証サービス、修理などのアフターケアを受けることができない可能性があります。並行輸入品販売店が独自に保証などを展開しているショップもありますが、正規品に比べると手厚さに欠けることがあります。

 

 

③100%正規だとは言い難い

一番気を付けたいのが『並行輸入品』と謳いながら偽物を売る業者です。

並行輸入品は基本正規品ですが、並行輸入品と偽って偽物を販売している人もいます。

また、並行輸入品を扱っている業者ですら知らない間に、偽物が混入していることがあります。

ブランドと関わりのない業者が多数間に入る為、輸入業者が気付かない間に偽物が混入する事があります。

レビューの少ない出品者や評価の低い出品者には気を付けた方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

5.並行輸入品と通常輸入品はどちらを選ぶべきか

並行輸入品も通常輸入品も、それぞれメリットやデメリットがあります。どちらを選んだ方がいいか迷う人は、下記の指標を参考にしてください。

 

 

並行輸入品は安さ重視の人におすすめ

並行輸入品は以下のような人におすすめです。

・価格重視
・潰れるまで使う
・信頼できる販売店を知っている

 

 

通常輸入品は安心重視の人におすすめ

通常輸入品は以下のような人におすすめです。

・安心と保証重視
・中古品として売却するかもしれない

 

 

 

 

 

 

今回は並行輸入品のメリット・デメリットを踏まえながら並行輸入品とは何なのか解説していきました。

結論、並行輸入品とは通常の輸入ルートから日本の正規代理店を省いたルートで輸入した商品のことであり、基本安全ですが、アフターサービスが不十分なので多少リスクを伴います。

 

したがって、金銭的に余裕のある人や万全のアフターサービスを受けたい人は通常ルートの商品、安さを第一に考えたい人には並行輸入品がおすすめです◎

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️

energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!

是非チェックしてみてください!

 

【📸エナクロのインスタはこちら📸】

 

 

 

 

 

編集サポート おぎ

 

↓参考文献

DADA

CAMPHACK

エコスタイル

 

 

 

CLOSETtoCLOSET(クロクロ)

通常価格

3,000

(税込)
購入はこちら

事前予約制のショップになります。

商品紹介

現在一番人気のPOPUPショップ ”CLOSETtoCLOSET(クロクロ)” 着なくなったお洋服を3着持参すると、店内のお好きなお洋服を3着まで持って帰れる事前予約制のショップです。   色んなところから集まった300着以上のお洋服から選んでいただくことができます。 掘り出しものもあるかも!?お洋服との一期一会の出会いを是非お楽しみく…

関連情報

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSETは、ご自宅に眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集