energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

お洋服の色味って大事だよね???-染色について-

こんにちは!energy closet(エナクロ)代表のサユリです!

 

 

 

 

 

お洋服を選ぶ上で、色味ってとても大事ですよね!
洋服は染め方や染めるタイミングによって異なる特徴があります。

 

今回はそんな「染め(染色)」について書いていきたいと思います!

 

 

直感で色を選ぶのもいいけど、知識があるとさらに楽しめると思うので、
よければ最後まで読んでいってくださいね👖📚

 

 

 

 

 

 

染色には大きく分けて2種類あります。

 

「先染め」と「後染め」です。

読んで字のごとく先に染めるか、後に染めるかという点が違うのはわかると思うのですが、具体的にどういった違いがあるのかをご紹介していきます♩

 

 

【先染め】

 

先染めとは、織られた布(生地)を染めるのではなく、
布にする前の糸 もしくは 糸にする前の繊維

 

を染色したもののことです。

 

 

 

例えばこんなものがあります↓

・デニム(綿をインディゴで染めたもの!)
・ダンガリー・シャンブレー(デニムに似てるもう少し薄くて軽いやつ!)
・ギンガム(チェック柄や格子模様のやつ!)

 

◎メリット
 ・糸自体が染色されているので深みがある色合いになる
 ・色落ちしにくい
 ・複数の糸を組み合わせて織ることで柄の表現ができる

△デメリット
 ・染めるのに時間がかかる
 ・高コスト
 ・糸を染めているので人気のあるカラーや流行に素早く対応できない

 

 

【後染め】

 

後染めとは、(白地の)布を織った、もしくは編んだ後にその布ごと染めること。

 

染め方は主に2種類
・浸染(しんぜん)・・・出来上がった布を液体に沈めて染色する方法
 →まとめて大量に染められるので低コストで生産可!色も安定しやすく色落ちしにく   い。

・捺染(なっせん)・・・型紙を使ってプリントする方法(いわゆるプリント生地)
 →先染めでは表現できないようなカラフルな模様もできる!
  売れ筋を見ながら染色できる。

 

 

 

他にもタイダイ染め(絞り染め)なんかも聞いたことある人は多いんじゃないかな?

 

 

◎メリット
 ・まとめて大量に染められるので低コストで時間がかからない
 ・色やプリントのデザインが変えやすいので流行の色や柄で染められる

△デメリット
 ・色彩に深みが出づらい
 ・多色で染めると他の糸に色移りすることがある

 

 

染めるタイミングや染め方によって風合いなどが変わるので
出来上がった洋服の色だけでなく、染め方などに着目してみるのも面白いかも?

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️
energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!
是非チェックしてみてください!

 

 

【📸エナクロのインスタはこちら📸】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集サポート ogi おっくん

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSETは、ご自宅に眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集