energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

サステナブルファッションとは?持続可能なファッションのために

こんにちは!エナクロ編集部です!
エナクロ編集部では、よりクローゼットづくりが楽しめるようなコンテンツを発信しています。

 

 

 

 

 

 

サステナブルファッションは、環境問題や社会問題への意識が高まる中、ファッション業界で注目されている新しい考え方です。

環境負荷を低減し、社会的に公正な方法で生産された衣料品を選ぶことで、地球環境と人々の未来を守ることに貢献できます。

 

この記事では、持続可能なファッションのための「サスティナブルファッション」について詳しくご紹介します!

 

 

【目次】「サスティナブルファッション」について

 

 

1.サスティナブルファッションとは?

サスティナブルファッションは、環境、社会、経済への影響を最小限に抑え、持続可能な方法で生産、消費、廃棄されるファッションを指します。環境負荷を減らし、労働者の権利を尊重し、倫理的なビジネス慣行を採用することが、ファッション業界におけるサスティナブルの意味です。

環境に配慮した素材を使用し、耐久性があり、長く愛用できる服が、サスティナブルファッションにおける服の定義です。エシカルファッションは、倫理的な観点から製造された服を指し、サスティナブルファッションはエシカルファッションの一部と言えるでしょう。

 

サスティナブルファッションは、環境問題や社会問題への関心の高まりから注目されています。具体的な取り組みとしては、オーガニックコットンやリサイクル素材の使用、フェアトレードの推進などが挙げられます。これらの取り組みを通して、より良いファッション業界を目指していくことが重要です。

 

 

ファッション業界におけるサステナブルの意味とは

サステナブルファッションとは、環境や社会への影響を最小限に抑え、持続可能な方法で生産・消費されるファッションのことです。環境問題や社会問題への関心の高まりから、近年注目を集めています。

ファッション業界におけるサステナビリティは、単に環境負荷を減らすだけでなく、労働者の権利や動物福祉、資源の効率的な利用など、幅広い側面を考慮する必要があることを意味します。

 

 

サステナブルファッションにおける服の定義

サステナブルファッションにおける服の定義とは、環境、社会、経済の3つの側面において持続可能な方法で作られ、消費され、廃棄される服のことです。

サステナブルファッションにおける服の定義は、環境への負荷を低減するために、環境に優しい素材を使用したり、製造工程におけるエネルギー消費や水資源の使用量を削減したりする取り組みが行われています。社会的な責任を果たすために、労働者の安全や労働環境の改善、フェアトレードの推進などが重視されます。経済的な持続可能性を確保するために、製品の品質向上や耐久性向上、リサイクルやリユースの促進などが図られます。

 

サステナブルファッションでは、これらの3つの側面を考慮した上で、環境負荷の低減、社会的な公平性、経済的な安定を達成することを目指しています。つまり、地球環境への影響を最小限に抑えながら、人々の生活を豊かにし、将来の世代にも持続可能なファッションを楽しめるようにすることなのです。

 

エシカルファッションとの関係性とは?

エシカルファッションは、サスティナブルファッションと密接に関連しており、倫理的な観点から環境問題や社会問題、労働問題などを考慮したファッションを指します。

サスティナブルファッションとエシカルファッションは、どちらも環境や社会への配慮を重要視する考え方ですが、サスティナブルファッションは環境負荷の低減を重視する一方、エシカルファッションは倫理的な側面も重視しています。つまり、エシカルファッションはサスティナブルファッションの一部であり、より包括的な概念といえます。

 

 

 

2.アパレル・ファッション産業の環境負荷を考える

アパレル・ファッション産業は、私たちの生活に欠かせない存在ですが、その裏側では深刻な環境負荷が生じていることを認識する必要があります。大量生産・大量消費型のビジネスモデルは、地球環境に大きな負担をかけています。

 

アパレル産業における環境負荷の現状とは?

アパレル産業は、地球環境に大きな負荷をかけています。その現状として、大量生産による資源の消費、化学物質を含む廃水の排出、そして衣服の廃棄によるゴミ問題などが挙げられます。

特に、近年注目されているファストファッションは、低価格で大量生産を行うことで、消費者の購買意欲を掻き立てる一方で、環境負荷を増大させています。その結果、地球温暖化や海洋汚染などの深刻な問題を引き起こす可能性も懸念されています。そのため、アパレル産業全体で環境負荷を低減するための取り組みが急務となっています。

 

 

アパレル業界の排水が環境に与える影響とは?

アパレル業界の排水は、環境に深刻な影響を与えています。染色や漂白工程で発生する排水には、有害な化学物質が含まれており、これが河川や海洋を汚染し、水生生物の生存を脅かしています。さらに、染料や繊維の製造過程で排出される温室効果ガスは、地球温暖化を加速させる要因となっています。特に、ファストファッションは大量生産・大量消費のビジネスモデルを採用しているため、環境への負荷が非常に高いと言えます。環境問題への意識が高まる中、アパレル業界は持続可能な生産体制への転換を迫られています。

 

 

アパレル業界の成長と環境への負荷

アパレル業界は、近年その市場規模を拡大させていますが、同時に環境への負荷も深刻化しています。アパレル産業は、原材料の生産から製造、流通、消費、廃棄に至るまで、多くの資源を消費し、温室効果ガスの排出や水質汚染など、様々な環境問題を引き起こしています。特に、ファストファッションの普及は、消費者の購買意欲を刺激し、大量生産・大量消費を促進することで、環境への負荷をさらに増大させています。衣料品の製造には、大量の水やエネルギーが必要となるだけでなく、化学物質の使用も多いため、水質汚染や土壌汚染を引き起こす可能性もあります。また、廃棄された衣料品は、埋め立て処分されることで、温室効果ガスを発生させ、環境問題を悪化させています。アパレル業界は、環境負荷の低減に向けた取り組みを強化し、持続可能な生産・消費体制を構築していく必要があります。

 

 

ファッション消費の急増と着用期間の短縮

近年、ファッション消費は急増しており、その一方で、洋服の着用期間は短縮傾向にあります。特に、ファストファッションの台頭により、安価でトレンドをおさえた洋服が大量に生産され、消費者は頻繁に洋服を購入するようになっています。しかし、頻繁な購入は、大量の廃棄物や環境負荷につながることが懸念されています。また、大量生産された洋服は、品質が低く、耐久性が低い場合が多く、短期間で破損したり、流行遅れになったりすることがあります。そのため、消費者は、安価な洋服を頻繁に買い替えるのではなく、長く愛用できる高品質な洋服を選ぶことが重要です。さらに、リサイクルやリユースなどの取り組みを通じて、洋服の廃棄量を減らすことも重要です。

 

 

再利用不可能な繊維素材の処分問題とは?

再利用不可能な繊維素材の処分問題は、環境負荷の大きな課題です。多くの衣料品は、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維で作られており、これらの素材は自然分解されにくい性質を持っています。そのため、廃棄された衣料品は埋め立てられるか、焼却処分されることが多く、土壌や大気汚染の原因となります。また、繊維製品の製造過程では、大量の水や化学物質が使用され、水質汚染や温室効果ガスの排出にもつながります。さらに、繊維製品の製造から廃棄までの過程において、多くの労働者が劣悪な労働環境で働かされているという問題もあります。持続可能なファッションを実現するためには、これらの問題を解決する必要があります。

 

 

ファッション業界の海洋汚染問題とは?

ファッション業界は、海洋汚染の大きな要因の一つとなっています。特に、マイクロプラスチックと呼ばれる、衣類から繊維が剥がれて発生する小さなプラスチック片が、海に流れ込み、海洋生物の生態系を脅かしています。マイクロプラスチックは、衣類の洗濯や製造工程で発生し、排水を通じて海に流れ込んでしまうのです。マイクロプラスチックは、海洋生物の体内に入り込み、消化器系の問題や窒息を引き起こすだけでなく、食物連鎖を通して人間の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。 この問題を解決するためには、消費者が環境負荷の少ない素材や製品を選ぶこと、そして、衣類の洗濯方法や廃棄方法を見直すことが重要です。また、アパレル業界においても、環境に配慮した製造工程の導入や、リサイクル素材の活用など、積極的に取り組む必要があります。

 

 

日本における衣料品の廃棄処分の実態とは?

ファッションの生産背景に加え、日本では、年間約270万トンの衣料品が廃棄されているという現実があります。その多くが、安価で大量生産されたファストファッション製品であり、品質が低く、すぐに着られなくなってしまうためです。また、リサイクルやリユースの取り組みが不足していることも問題です。

近年、環境省が推進する「SUSTAINABLE FASHION」ページでは、持続可能なファッション消費を促すための情報発信が行われています。しかし、消費者の意識改革や、企業による取り組みが不足しているのが現状です。

洋服の購入から廃棄まで、ライフサイクル全体を見直し、環境負荷を減らす取り組みが必要です。リサイクルやリユースを促進し、中古品の流通を活性化することで、廃棄量を削減し、資源の有効活用につなげることが重要です。

 

 

 

 

3.なぜファッション業界の環境負荷が高いのか

ファッション業界は、環境負荷が高い産業として知られています。その理由は、アパレル業界のサプライチェーンが複雑で、資源の消費や廃棄物排出が多くの段階で発生するためです。

アパレル業界の環境負荷が高い理由は以下のとおりです。

  • 資源の消費: 原材料の栽培、製造、輸送、販売、消費、廃棄など、各段階で大量の資源が消費されます。
  • CO2排出: 生産、輸送、廃棄など、各段階でCO2が排出されます。
  • 水資源の枯渇: 綿花栽培など、大量の水を必要とする工程が存在します。
  • 化学物質の使用: 染色や加工など、環境に有害な化学物質が使用される場合があります。
  • 廃棄物問題: 消費者の購買意欲を刺激するファストファッションは、安価な製品を大量に生産し、短期間で廃棄されるため、膨大な量の廃棄物が発生します。

これらの問題を解決するためには、サステナビリティを意識した生産体制への転換が必要です。企業は、環境負荷の少ない素材や技術を採用し、リサイクルやアップサイクルを推進する必要があります。また、消費者も、環境負荷の低い製品を選び、長く愛用できるアイテムを選ぶことが重要です。

 

 

アパレル業界のサプライチェーンがCO2排出に与える影響

アパレル業界のサプライチェーンは、原材料の調達から製造、流通、販売、廃棄に至るまで、多くの工程が含まれており、その過程で大量の二酸化炭素が排出されます。特に、繊維製品の製造段階では、綿花栽培や化学繊維の製造、染色、仕上げなど、多くのエネルギーを消費する工程があり、大量の温室効果ガスが発生します。また、輸送や物流においても、船舶や航空機などによる燃料消費がCO2排出量増加に繋がっています。さらに、消費者が購入後、不要になった衣服を廃棄する際にも、焼却や埋め立てによってCO2が排出されます。このように、アパレル業界のサプライチェーン全体で、環境への負荷が非常に大きいことがわかります。

 

 

リユース・リサイクルの課題とは?

リユース・リサイクルは、アパレル業界の環境負荷を軽減するために不可欠な取り組みですが、課題も存在します。

リユース・リサイクルの課題は、品質の低下、コストの高さ、需要の不足、流通の課題などがあります。

品質の低下は、リサイクルされた繊維が元の繊維よりも強度が低くなる場合があり、耐久性が劣る製品になる可能性があるためです。

コストの高さは、リサイクルプロセスには、エネルギーや人件費がかかり、リユース・リサイクル製品は新品よりも高価になる傾向があるためです。

需要の不足は、リユース・リサイクル製品に対する需要が十分でないため、市場に流通しにくい場合があります。

流通の課題は、リユース・リサイクル製品の流通システムが確立されていないため、消費者へのアクセスが困難です。

リユース・リサイクルの課題を克服するためには、技術革新による品質向上やコスト削減、需要喚起のための取り組み、流通システムの改善などが求められます。

 

 

ファストファッションが環境に与える影響とは?

ファストファッションは、環境に大きな影響を与えています。 大量の資源消費、有害な化学物質の使用、水質汚染、温室効果ガス排出、廃棄物問題など、様々な問題を引き起こしています。ファストファッションは、安価な価格でトレンド商品を次々と提供することで、消費者の購買意欲を刺激し、大量消費を促進しています。しかし、その裏には、環境への負担が大きく、持続可能性が危ぶまれている現状があります。

 

 

 

 

 

 

 

4.ファストファッションから「スローファッション」への移行

ファストファッションは、安価でトレンドを追いかけられることから、多くの人々に支持されてきました。しかし、その裏には環境問題や労働問題など、さまざまな課題が存在しています。大量生産・大量消費型のビジネスモデルは、資源の枯渇や環境汚染、労働者の搾取といった問題につながることがあります。

近年では、環境負荷の低減や社会貢献を重視する「スローファッション」が注目されています。

 

スローファッションとは、品質の良いものを長く愛用することや、環境や社会に配慮した素材や生産方法を選ぶことを重視する考え方です。

スローファッションでは、消費者が服を選ぶ際に、素材や生産背景、ブランドの理念などを考慮することで、より良い選択をすることができます。また、修理やリメイクなどを通じて、服を長く愛用することも重要です。

ファストファッションからスローファッションへの移行は、私たち一人ひとりの意識改革が必要です。環境問題や労働問題への関心を高め、持続可能な消費を選択することで、より良い未来を創造することができるでしょう。

 

 

5.サステナブルファッション、スローファッション、エシカルファッションの違いとは?

サステナブルファッション、スローファッション、エシカルファッションは、いずれも環境や社会への配慮を重視したファッションの考え方ですが、それぞれ異なる意味合いを持っています。

サステナブルファッションとは、環境負荷を低減し、社会的に公正な方法で生産された衣料品のことです。環境への影響を最小限に抑え、資源の効率的な利用、廃棄物の削減、労働者の権利保護など、持続可能な社会の実現を目指したファッションです。

エシカルファッションは、倫理的な観点から生産された衣料品を指します。労働者の待遇、動物福祉、環境保護など、社会的な責任を果たしながら生産されたものを選び、消費者が倫理的な行動を選択することを重視する考え方です。

スローファッションは、大量生産・大量消費のファストファッションとは対照的に、長く愛用できる質の高い衣料品をゆっくりと選び、大切に長く使うことを重視するファッションです。流行に左右されず、長く着られる丈夫な服を選ぶことで、環境負荷を減らし、無駄な消費を抑えることを目的としています。

 

サステナブルファッション、エシカルファッション、スローファッションは、それぞれ異なる視点から環境や社会への配慮を重視した考え方ですが、共通して持続可能なファッションを目指しています。これらの考え方を理解し、自分自身の消費行動を見直すことで、より良い未来を創造することができます。

 

 

 

 

6.企業・行政・国際組織が取り組むサステナブルファッション

企業、行政、国際組織は、サステナブルファッションを推進するために様々な取り組みを行っています。サステナブルファッションとは、環境、社会、経済の持続可能性を考慮したファッションのことです。環境負荷の低減、労働者の権利保護、資源の有効活用など、様々な側面から取り組む必要があります。

企業は、サステナビリティに関する目標を掲げ、環境負荷の低減や労働環境の改善に取り組んでいます。

  • リサイクル素材やオーガニック素材の使用
  • 生産工程におけるエネルギー消費量の削減
  • 労働者の賃金改善と安全な労働環境の提供
  • 消費者に環境負荷の少ない製品の選択を促すための情報提供

行政は、サステナブルファッションの普及を促進するための政策を推進しています。

  • サステナブルファッションに関するガイドラインの策定
  • 環境負荷の低い製品の認証制度の導入
  • サステナブルファッションに関する啓発活動の実施

国際組織は、世界規模でサステナブルファッションの推進を図るために、様々な活動を行っています。

  • サステナブルファッションに関する国際的な基準の策定
  • サステナブルファッションに関する国際会議の開催
  • サステナブルファッションの普及促進のための資金援助

企業、行政、国際組織が連携し、サステナブルファッションを推進していくことが重要です。

 

 

 

ファッション業界の気候変動対策に関する取り組み

ファッション業界は、気候変動に大きな影響を与えている業界の一つです。

ファッション業界の環境負荷が高い理由は、大量生産・大量消費による資源の消費、廃棄物量の増加、製造工程における水や化学物質の使用など、さまざまな要因が挙げられます。

環境負荷の原因は以下の通りです。

  • 生産過程における大量の資源消費
  • 化学物質の使用による水質汚染
  • 廃棄物量の増加による土壌汚染
  • 輸送によるCO2排出
  • 消費者の頻繁な買い替えによる資源の浪費

これらの問題を解決するためには、企業、政府、そして消費者一人ひとりが意識改革を行い、持続可能なファッションのあり方を模索していく必要があります。

 

 

ファッション業界の取り組むべき課題とは?

ファッション業界は、環境負荷の大きい産業として知られています。

環境負荷が高い理由は、資源の大量消費、水質汚染、温室効果ガス排出、廃棄物問題などがあります。これらの問題は、大量生産・大量消費型のビジネスモデルと、環境負荷の高い素材や製造プロセスが原因です。環境負荷を低減するためには、サステナビリティを重視した取り組みが不可欠です。

 

 

フランスにおける衣料品廃棄処分の規制とは?

フランスでは、衣料品廃棄処分に関する規制が強化されています。2020年1月1日から施行された「反廃棄物・循環経済法」では、衣料品メーカーに対して、製品の耐久性向上やリサイクル素材の活用など、サステナビリティに関する取り組みが義務付けられました。また、2023年1月1日からは、衣料品メーカーは製品の寿命を延長するための情報を消費者に提供することが義務付けられます。さらに、フランス政府は、衣料品業界における環境負荷を軽減するため、リサイクルやリユースを促進する政策も推進しています。これらの規制強化により、フランスでは衣料品廃棄問題に対する意識が高まり、サステナビリティへの取り組みが加速することが期待されています。

 

 

環境省が推進する「SUSTAINABLE FASHION」ページとは?

環境省は、持続可能なファッションを推進するために、「SUSTAINABLE FASHION」ページを設けています。このページでは、サステナブルファッションの概念や、ファッション業界における環境負荷、企業や個人が取り組むべき具体的な行動などが紹介されています。環境省は、このページを通じて、消費者にサステナブルファッションへの関心を高め、持続可能な社会の実現を目指しています。

 

 

 

アニマルフリーな取り組みとは?

アニマルフリーな取り組みは、動物由来の素材を使用しない取り組みです。動物実験や動物性素材の使用を避けることで、動物福祉と環境保護に貢献します。

アニマルフリーな取り組みの例としては、動物実験を行わない、毛皮や革などの動物性素材を使用しない、動物性素材の代替素材を使用するなどが挙げられます。

アニマルフリーな取り組みは、動物の命を尊重し、環境負荷を軽減することにつながります。動物愛護の意識が高まる中、多くの企業がアニマルフリー製品の開発や販売に取り組んでいます。

 

 

リサイクル素材の活用

リサイクル素材の活用は、サステナブルファッションにおいて重要な取り組みです。リサイクル素材とは、廃棄物として捨てられた衣料品や工業製品を原料として再利用した素材のことです。リサイクル素材の活用は、新たな資源の採掘を減らし、廃棄物の量を削減することに貢献します。

<リサイクル素材の例>

  • ペットボトルをリサイクルしたポリエステル
  • 古紙をリサイクルしたレーヨン
  • 廃棄されたデニム生地をリサイクルした綿

リサイクル素材は、環境負荷の低減だけでなく、製品の品質向上にも役立ちます。例えば、ペットボトルをリサイクルしたポリエステルは、強度や耐久性に優れ、従来のポリエステルよりも優れた機能性を発揮します。また、リサイクル素材の活用は、消費者にとって、環境への配慮とファッションを楽しめるというメリットがあります。リサイクル素材で作られた商品は、環境に配慮したサステナブルな消費行動を促進する役割を果たします。

 

 

オーガニック素材の活用

オーガニック素材は、農薬や化学肥料を使用せずに栽培された植物から作られた素材です。環境負荷が低く、人にも優しいことから、サステナブルファッションにおいて注目されています。オーガニックコットンやオーガニックリネンなど、様々なオーガニック素材が使用されています。オーガニック素材の活用は、環境保護だけでなく、肌への刺激を抑える効果もあるため、人々の健康にも貢献すると言えるでしょう。

 

 

フェアトレードの実施

フェアトレードの実施は、サステナブルファッションにおいて重要な要素の一つです。フェアトレードとは、開発途上国の生産者に対して、公正な価格で商品を買い取ることで、彼らの生活水準向上を支援する貿易のことです。フェアトレードの取り組みは、生産者だけでなく、消費者にとってもメリットがあります。フェアトレード商品を購入することで、生産者の生活を支援し、環境保護に貢献することができます。また、フェアトレードの取り組みによって、より倫理的なファッションの選択肢が増えることも期待できます。

フェアトレードのメリットは、労働者の賃金向上、労働環境の改善、子供労働の禁止、環境保護への配慮などがあります。

 

 

7.個人が取り組めるサステナブルなファッション・ライフの実践方法

サステナブルなファッション・ライフを実践するには、意識と行動を少し変えるだけで、環境への負荷を減らしながら、より良いファッションを楽しめます。

 

 

 

サステナブルなファッションを実践するための具体的な方法

サステナブルなファッションとは、環境や社会への影響を最小限に抑え、持続可能な形でファッションを楽しむことです。

サステナブルなファッションを実践するための具体的な方法はいくつかあります。

  • 環境負荷の少ない素材を選ぶ: オーガニックコットン、リサイクル素材、再生可能資源など、環境への影響が少ない素材を選びましょう。
  • 長く着られる服を選ぶ: 流行に左右されないベーシックなデザインや、丈夫な素材でできた服を選ぶことで、長く愛用することができます。
  • 服の買いすぎを控える: 必要最低限の服で着回しを工夫し、衝動買いを防ぎましょう。
  • 古着を活用する: 古着は、新しい服を作る際に発生する環境負荷を抑えることができます。
  • 服を大切に着る: 適切な洗濯方法や保管方法を守り、服の寿命を長く保ちましょう。
  • 修理やリメイクを活用する: 壊れた服を捨てるのではなく、修理したりリメイクしたりして、長く愛用しましょう。
  • 不要になった服を適切に処分する: 燃えるゴミに出すのではなく、リサイクルや寄付など、適切な方法で処分しましょう。

サステナブルなファッションを実践することは、環境保護だけでなく、社会全体の持続可能性にも貢献します。

 

 

第三者認証マークの重要性とは?

第三者認証マークは、サステナブルファッションの取り組みを客観的に評価し、消費者に信頼できる情報提供を行う上で非常に重要な役割を果たします。認証マークを取得することで、企業は自社のサステナビリティへの取り組みを明確に示すことができ、消費者は信頼できるサステナブルな製品を選びやすくなります。

例えば、オーガニックコットンやリサイクル素材の使用、フェアトレードの認証など、様々な基準に基づいた認証マークが存在します。これらのマークは、製品の生産過程や素材に関する情報を提供し、消費者がサステナブルな製品を選ぶための判断材料となります。

さらに、第三者認証マークは、企業のサステナビリティへの取り組みを促進する役割も担います。認証を取得するためには、企業は厳しい基準を満たす必要があり、その過程でサステナビリティに関する意識が高まり、より持続可能な生産体制を構築することが期待されます。

消費者は、第三者認証マークを参考に、サステナブルな製品を選ぶことで、環境負荷を低減し、より良い未来に貢献することができます。

 

 

持続可能なファッション消費のための服の選び方

持続可能なファッション消費は、環境への負荷を減らし、人々の生活をより良いものにするために重要な取り組みです。

服を選ぶ際には、以下のポイントを意識しましょう。

  • 素材
  • 品質
  • デザイン
  • ブランド

素材としては、オーガニックコットンやリサイクル素材など、環境負荷の少ない素材を選びましょう。また、耐久性があり、長く着られる素材を選ぶことも大切です。

品質の高い服は、長く着られるため、結局は経済的です。縫製もしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。

デザインは、流行に左右されない、シンプルなものを選ぶことをおすすめします。流行に左右されないデザインは、長く着続けることができ、無駄な消費を抑えられます。

ブランドは、サステナビリティへの取り組みを積極的に行っているブランドを選びましょう。環境負荷の低減や労働者の待遇改善に取り組んでいるブランドを選ぶことで、より良い社会の実現に貢献できます。

これらのポイントを意識して服を選ぶことで、環境への負荷を減らし、持続可能なファッション消費を実現することができます。

 

 

着回しやすい服の選び方とは?

着回ししやすい服を選ぶことは、サステナブルなファッションを実践する上で非常に重要です。なぜなら、着回し率の高い服は、新たな服を購入する機会を減らし、結果的に資源の消費や廃棄物を削減することに繋がるからです。では、具体的にどのような点に注意して服を選べば良いのでしょうか?

着回ししやすい服を選ぶためのポイントは、ベーシックカラー、シンプルデザイン、素材の質感、シルエット、サイズ感など、様々な要素を考慮することです。

ベーシックカラーは、ブラック、ホワイト、グレー、ベージュなど、どんな色にも合わせやすい色を選びましょう。シンプルデザインは、無地のトップスやシンプルなシルエットのボトムスなど、デザインがシンプルであれば、様々なアイテムと組み合わせやすくなります。素材の質感は、麻やコットンなど、自然素材は通気性や吸水性に優れ、長く愛用しやすいのでおすすめです。シルエットは、自分に合ったシルエットを選ぶことで、スタイルアップ効果も期待できます。サイズ感は、大きすぎず小さすぎない、ちょうど良いサイズを選ぶようにしましょう。

これらのポイントを参考に、自分にとって着回しやすく、長く愛用できる服を選んでみましょう。

 

 

手入れがしやすく丈夫な服の選び方

手入れがしやすく丈夫な服を選ぶことは、サステナブルなファッションを実践する上で重要です。なぜなら、頻繁に買い替える必要がなくなり、環境負荷を軽減できるからです。

手入れがしやすく丈夫な服を選ぶポイントは、以下の3つです。

  • 天然素材
  • 縫製
  • 耐久性

天然素材は、化学繊維に比べて通気性がよく、肌触りが良いものが多く、長く愛用できます。 縫製がしっかりしているものは、ほつれにくく、長く着られるのでおすすめです。 耐久性が高い素材を選ぶことも重要です。

これらのポイントを参考に、手入れがしやすく丈夫な服を選び、長く愛用することで、環境負荷を低減し、サステナブルなファッションライフを実現しましょう。

 

 

服の適切な処分方法とは?

服の適切な処分方法は、環境への影響を最小限に抑え、資源の無駄遣いを防ぐために重要です。不要になった服は、まずリユースを検討しましょう。古着として販売したり、人に譲ったりすることで、服に新たな価値を与え、資源の再利用を促進します。リユースできない場合は、リサイクルに出しましょう。服を素材に戻し、新たな製品に生まれ変わらせることで、廃棄物を減らし、環境負荷を軽減します。リサイクルできない場合は、適切な方法で廃棄しましょう。燃えるごみとして処分するか、自治体の指示に従って処分してください。服の適切な処分方法は、環境保護と資源の有効活用に貢献します。不要になった服を適切に処分することで、持続可能なファッションライフスタイルに貢献できます。

 

 

レンタルやサブスクリプションの活用方法とは?

サステナブルファッションにおいて、レンタルやサブスクリプションサービスを活用することで、環境負荷を低減し、持続可能なファッションライフを実現することができます。

レンタルやサブスクリプションを活用するメリットは、服の所有数を減らし、不要な消費を抑えられることです。最新のトレンドアイテムを気軽に試したり、着用頻度の低いアイテムはレンタルで済ませ、所有による無駄を削減したりできます。また、複数のブランドやアイテムを試す機会が増えることで、少ない洋服で着回しコーデを楽しめるようになり、より豊かなファッションライフを送ることが可能になります。これらのメリットは、環境負荷の低減だけでなく、経済的なメリットやファッションの楽しみを広げる効果も期待できます。

 

 

古着の購入のメリットとは?

古着を購入するメリットはたくさんあります。

古着は、新品と比べて価格が安く、環境にも優しいので、近年注目されています。

古着の購入メリットは、以下のとおりです。

  • お財布に優しい
  • 個性的なアイテムに出会える
  • 環境保護に貢献できる
  • サステナビリティを意識した消費ができる
  • ファッションを楽しめる

古着は、新品に比べて価格が安く、お財布に優しいのが魅力です。また、新品では手に入らない個性的なアイテムに出会えることも大きな魅力です。さらに、古着を購入することで、新たな服を作るための資源の消費を抑え、環境保護に貢献できます。

古着は、サステナビリティを意識した消費の選択肢として注目されています。環境問題や社会問題に関心の高い人にとって、古着は、ファッションを楽しむだけでなく、社会貢献にもつながる選択肢と言えるでしょう。

 

 

 サステナブルファッションは、私たち一人ひとりが意識することで、より良い未来を創造できる取り組みなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️
少しでもクローゼットづくりが楽しくなるような知識をお伝え出来ていたら嬉しいです。

 

energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!
是非ページ下までチェックしてみてください!

【毎月第一日曜】CLOSETtoCLOSET(クロクロ)@TOKYO

通常価格

3300

(税込)
購入はこちら

事前予約制のショップになります。

商品紹介

現在一番人気のPOPUPショップ    CLOSETtoCLOSET(クロクロ)とは?   デザインは気に入ってるけど、 サイズが合わなくてあまり着れていない。 捨てるのは嫌だけど、売れそうもない。   そんな行き場を失った衣服、 クローゼットに眠っていませんか?   CLOSETtoCLOSET(クロクロ)では、 そん…

関連情報

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSET(クロクロ)は、クローゼットに眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、古着リメイクしたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集