energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

オーストラリア生活で気づいたこと

energy closetでショップアシスタントをしています、ノドカです!

今回は、「日記」編!

 

 1ヶ月ぶりのブログ更新になってしまったこと、事後報告になってしまったこと、まずごめんなさい。。

1ヶ月間何をしていたかというと、、、短期留学でオーストラリアにいました。

オーストラリアのメルボルンという市に1ヶ月滞在し、平日は授業、土日は遊ぶという生活をしていました!

 

メルボルンは、世界有数の環境先進都市と言われています🍀

私はここ数年環境問題などに関心があるのですが、メルボルンでもさまざまな気づきがあったので今回は気づきを2点シェアしたいと思います◎

 

 

☝️フリンダース・ストリート駅。日本でいう東京駅にあたる駅!

晴れた日はライトアップが綺麗でした🌟

 

 

 

①多様な食生活に応じた選択肢があること!

 

テキトーにテチよったお店でも絶対にグルテンフリーやベジタリアン、ヴィーガンの選択肢がありました。むしろそれらの選択肢のないお店がなかったです。

 

※グルテンフリーとはグルテン(gluten)て摂取しないことで、グルテンとはを小麦に含まれるタンパク質のことです🍞

パンのもちもち食感やパスタの粘り気を出したり美味しさには欠かせないグルテンですが、人によっては体内に入ると腸内環境の悪化してしまう人もいるそうです🌀

 

※ベジタリアンとは肉や魚を食べないことです。

※ヴィーガンとは肉や魚を食べないのに加え、卵・乳製品・はちみつなどの動物性食品も食べないことです。

アレルギーや病気など健康のため、自身の考え方、環境負荷を減らすため、動物の権利のため、宗教、スピリチュアルな理由など、ベジタリアンやヴィーガンを選択する背景は様々だそうです。

VegewelというWebメディアの調査によると、日本人の中でベジタリアンの食生活をしている人は3.8%、ヴィーガンの食生活をしている人は2.2%いるそうです。日本にも結構いるんですね😲

 

 

どこのお店に行っても100%全てのメニューがグルテンフリーかつヴィーガンのものだけしかない!という環境ではなくて、

グルテンの料理もあってグルテンフリーの料理もあって、ベジタリアンの料理もあってベジタリアンじゃない料理もあって、ヴィーガンもあってヴィーガンじゃないものあって、という選択肢のある環境がすごく素敵だと思いました✨なるべくたくさんの人の思想や嗜好を反映させた形に感動でした!

 

ちなみに、マクドナルドにもプラントベースバーガーっていうのがあったようなんですが、私は食べ損ねました😭現地のお友達曰く、結構美味しいらしいです!マクドナルドのプラントベースバーガーを食べなかったのが唯一の心残り…😭

 

 

☝️メルボルンの📍Vegie Bar というお店で食べたVEGANピザとVEGAN北京ダッグ

 

 

 

 

②半分以上が日本車!(超肌感)

 

私の超肌感ですが、車の半数以上が日本車だった印象を受けました🚙

私のホームステイ先の車も3/4台が日本車(TOYOTA)でした!

 

親近感や安心感を覚える一方で、日本の自動車メーカーが世界のEV化(電気自動車化)の潮流に追いついていないと感じる私は、このまま日本の自動車産業が世界の波に追いつかないと日本の経済大丈夫かなと安易ながらも勝手に危惧してしまいました。。。

 

グリーンピースという環境NGOの調査によると、自動車市場の80%を占める大手メーカー10社の気候変動に関する目標と行動を調査した結果、すべての企業が十分な行動をとっておらず、その中でも特に低い評価だったのは、日本を代表する自動車メーカーのトヨタだったそうです🥺

 

 

 

☝️出典:グリーンピース

トヨタの詳しい評価理由はぜひWebページを見てみてください!

 

 

日本の自動車メーカーであるトヨタは、世界最大かつ最も知られた自動車会社のひとつで、世界で販売されている車の約10台に1台がトヨタ車という計算になるそうです👀

そしてトヨタが2020年に全世界で排出したCO2を吸収するためには、約160平方km、八王子市くらいの広さの森林が必要だそう👀

 

さらに、グリーンピースの調査によるとトヨタの製造拠点の93%は、暑さ、水害、ハリケーン/台風などの気候災害の高リスクにあることが判明したそう🌀🌀🌀これからますます激甚化する気候変動の影響を直に受けてしまう恐れのある自動車産業。負の連鎖を止めるために、加速度的な対策をしてほしい!と思います。

 

 

オランダでは、環境に優しいとされるハイブリッド車を含むガソリンなどの化石燃料を利用する自動車の新規販売を、2025年までに禁止することを発表しています。また、スウェーデンの自動車メーカーVOLVOは2030年までにガソリン車の廃止を決めています📢

 

車などの交通で排出される二酸化炭素の量は、世界の排出量の1/4を占めています💭💭💭💭

世界の自動車産業を牽引するトヨタだからこそ、またトヨタに限らず日本の自動車メーカーはぜひ脱炭素化のリーダーシップを発揮してほしい!と思います!

 

日本ぜんぜんダメじゃん…と思わせてしまったかもしれませんが、ハッピーなニュースもあります!

東京都では2030年に新車を全て電動車にするとしています!(ここでの「電動車」にハイブリット車は含まれています💭)

着実な変化が日本でもどんどん広がっていきますように…!✨

 

 

 

以上、私のオーストラリア生活の気づきのシェアでした!いつもだったらは気にならないところに新たな発見がありました。いつもと違う環境にいくと普段よりも「灯台もと明るし」現象が起きる気がします。

普段の生活でもモヤモヤや新たな発見を大切にしていきたいです✨

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️
energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!
是非チェックしてみてください!

 

【📸エナクロのインスタはこちら📸】

 

 

 

 

 

ノドカ

 

✏️参考にした記事

・GreenPeace Japan「自動車メーカーの気候対策ランキングで、なぜトヨタが最下位に?」(2022/09/24閲覧)

https://www.greenpeace.org/japan/nature/story/2021/11/04/53493/

・Vegewel「今さら聞けない「ヴィーガン」と「ベジタリアン」の違い!」(2022/09/24閲覧)https://vegewel.com/ja/style/vegan-vegetarian/

CLOSETtoCLOSET(クロクロ)

通常価格

3,000

(税込)
購入はこちら

事前予約制のショップになります。

商品紹介

現在一番人気のPOPUPショップ ”CLOSETtoCLOSET(クロクロ)” 着なくなったお洋服を3着持参すると、店内のお好きなお洋服を3着まで持って帰れる事前予約制のショップです。   色んなところから集まった300着以上のお洋服から選んでいただくことができます。 掘り出しものもあるかも!?お洋服との一期一会の出会いを是非お楽しみく…

関連情報

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSETは、ご自宅に眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集