energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

暖色と寒色の魅力、効果とは?

こんにちは!エナクロ編集部です!
エナクロ編集部では、よりクローゼットづくりが楽しめるようなコンテンツを発信しています。

 

 

色には様々な種類があり、それぞれが持つ魅力や効果は、私たちの生活に大きな影響を与えています。

そして色は暖色、寒色、中性色に分けることができ、それぞれ異なる特徴と使う場面によって効果が異なります。

これらの特徴を理解し、上手に使いこなすことで、私たちはより効果的な表現が可能になり、生活をより豊かにすることができます。

 

この記事では、暖色・寒色・中性色の魅力と効果をご紹介します!

 

 

【目次】暖色・寒色・中性色の魅力と効果
  • 暖色・寒色・中性色の特徴とは? 
  • 暖色とは、色の効果を理解しよう 
  • 寒色とは、色の効果を理解しよう 
  • 中性色とは、暖色と寒色に属さない色の特徴を知ろう 
  • 暖色・寒色・中性色の特徴を理解して、ファッションでも色の使い方で印象をアップさせよう

 

 

 

暖色・寒色・中性色の特徴とは?

色の効果を理解する上で欠かせないのが、暖色・寒色・中性色という色の分類です。それぞれの特徴を簡単に見ていきましょう。

 

暖色とは

暖色は、赤やオレンジ、黄色など、暖かさや活力を連想させる色です。視覚的に膨張して見えたり、食欲を増進させたりする効果があります。

▶️暖色ファッションアイテムの例を見てみる

 

寒色とは

寒色は、青や緑、紫など、冷たさや落ち着きを感じさせる色です。視覚的に収縮して見えたり、気持ちを落ち着かせたりする効果があります。

▶️寒色ファッションアイテムの例を見てみる

 

中性色とは

中性色は、白や黒、グレーなどの、暖色にも寒色にも属さない色です。他の色を引き立てたり、空間をすっきりと見せたりする効果があります。

▶️中性色ファッションアイテムの例を見てみる

これらの色の特徴を理解することで、より効果的に色を使い分けることができます。次のセクションでは、それぞれの色の効果についてさらに詳しく解説していきます。

 

暖色とは?色の効果を理解しよう

暖色と呼ばれる赤、オレンジ、黄色の系統は、暖かさや情熱を連想させ、興奮や積極性などのイメージがあります。太陽や火、血液などのイメージが強く、食欲増進効果も期待できるため、レストランの装飾や食品のパッケージなどにもよく使われています。
暖色は、視覚的に空間を膨張させる効果があります。そのため、小さく見せたい場合や狭い場所では避けた方が良いでしょう。逆に広く見せたい場合や、暗い雰囲気の部屋を明るくしたい場合は、効果的に使用することができます。
暖色には、様々な場面で活用できる様々な効果がありますが、シーンや目的に合わせた適切な使い方を心がけることで、より効果的な情報伝達や印象操作が可能になります。

 

暖色の効果:
• 興奮、情熱、積極性
• 視覚的に膨張する
• 食欲増進効果

 

暖色を使用する際の注意点:
• 小さく見せたい場合や狭い空間では避ける
• 広く見せたい場合や暗い雰囲気の部屋を明るくしたい場合は使う

 

暖色を使用している例:
• 赤: 情熱、興奮、危険
• オレンジ: 親しみやすさ、元気、若さ
• 黄色: 明るさ、楽しさ、注意喚起

 

 

▶️暖色ファッションアイテムの例を見てみる

 

 

寒色とは、色の効果を理解しよう

 

寒色は、青や緑、紫などの冷たく感じられる色のことです。寒色は、気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めたりする効果があります。また、空や海などの自然界の色でもあることから、清潔感や爽やかさを感じさせる色でもあります。

 

寒色は、以下のような効果があります。
• 気持ちを落ち着かせる:寒色は、交感神経の働きを抑え、副交感神経の働きを高める効果があります。そのため、気持ちを落ち着かせたり、リラックスしたりするのに効果的です。
• 集中力を高める:寒色は、集中力を高める効果があります。そのため、勉強や仕事など集中力を必要とする場面で効果的です。
• 清潔感や爽やかさを感じさせる:寒色は、空や海などの自然界の色でもあることから、清潔感や爽やかさを感じさせる色でもあります。そのため、清潔感や爽やかさを演出したい場面で効果的です。

 

しかし、寒色は使いすぎると、冷たく感じたり、寂しく感じたりする恐れもあります。そのため、寒色を使うときは、他の色とのバランスを意識することが大切です。
また、寒色は、人の見え方にも影響を与えます。寒色は、膨張色と呼ばれる色で、実際よりも大きく見える効果があります。そのため、寒色を多く使うことで、部屋を広く見せることができます。
寒色は、様々な場面で活用することができます。例えば、寝室には気持ちを落ち着かせる効果のある寒色を使うと、安眠することができます。また、オフィスには集中力を高める効果のある寒色を使うと、仕事効率を上げることができます。
このように、寒色は様々な効果を持つ色です。寒色の効果を理解することで、日常生活の中でより効果的に寒色を活用することができます。

 

 

▶️寒色ファッションアイテムの例を見てみる

 

中性色とは、暖色と寒色に属さない色の特徴を知ろう

 

 

中性色は、暖色と寒色に属さない色であり、赤、オレンジ、黄色などの暖色や青、緑、紫などの寒色の中間色と位置づけられます。白、黒、グレー、茶色などが代表的な中性色で、空間の引き締めや落ち着いた印象を与える効果があります。

 

中性色は、様々な種類があり、それぞれに異なる特徴を持っています。
白: 明るさ、清潔感、広がりを感じさせる色です。

黒: 重厚感、高級感、シャープな印象を与える色です。

グレー: 落ち着き、知性、洗練された印象を与える色です。

茶色: 自然、温かみ、安らぎを感じさせる色です。

 

中性色は、単独で使用しても空間をまとめる効果がありますが、暖色や寒色と組み合わせることで、様々な表情を作り出すことができます。
例えば、白と黒を組み合わせると、シンプルでモダンな印象になります。白と茶色を組み合わせると、ナチュラルで温かみのある印象になります。白と青を組み合わせると、爽やかで清潔感のある印象になります。
中性色は、あらゆるシーンで活躍する万能な色です。空間の雰囲気に合わせて、様々な組み合わせを試してみて下さい。

 

 

▶️中性色ファッションアイテムの例を見てみる

 

暖色・寒色・中性色の特徴を理解して、ファッションでも色の使い方で印象をアップさせよう

ファッションにおいても、色の使い方はとても重要です。暖色や寒色を組み合わせることで、印象を大きく変えることができます。例えば、暖色を多く使うことで元気で明るい印象になり、寒色を多く使うことで落ち着きのある印象になります。また、中性色をアクセントとして使うことで、他の色を引き立たせることができます。
季節やシーンに合わせて、最適な色を選び、自分らしさを表現しましょう。

 

 

 

 

 

▽カラーアイテムをオンラインショップで探すならこちらから【AD】

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️
少しでもクローゼットづくりが楽しくなるような知識をお伝え出来ていたら嬉しいです。

 

energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!
是非ページ下までチェックしてみてください!

【毎月第一日曜】CLOSETtoCLOSET(クロクロ)@TOKYO

通常価格

3300

(税込)
購入はこちら

事前予約制のショップになります。

商品紹介

現在一番人気のPOPUPショップ    CLOSETtoCLOSET(クロクロ)とは?   デザインは気に入ってるけど、 サイズが合わなくてあまり着れていない。 捨てるのは嫌だけど、売れそうもない。   そんな行き場を失った衣服、 クローゼットに眠っていませんか?   CLOSETtoCLOSET(クロクロ)では、 そん…

関連情報

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSET(クロクロ)は、クローゼットに眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、古着リメイクしたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集