energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

お洋服が作られる”布”の話

こんにちは!

エナクロ代表のサユリです!

 

12月に入り、年末感が増してきましたね。。

年末といえば、大掃除。

家の中を掃除するタイミングで是非クローゼットの整理もしてみてくださいね😌

 

 

 

今日は”布”について少し知識の話をしますね!

 

お洋服は大体のものが”布”からできていますよね。

その布には大きく分けて3種類あるので今日ご紹介します♩

 

 

 

「天然繊維」

化学的な加工をしてないもので、原料によって植物繊維、動物繊維、鉱物に分けられます。

植物繊維には植物から取り出した木綿(コットン)や麻(リネン)などがあります。日本では麻が古くから使われてきました。最近、一般的と言われているのは綿ですね。

動物繊維はヒツジやヤギなどの動物の毛を使うものと、カイコの繭から紡ぐ絹(シルク)の2種類があります。

鉱物繊維だと石綿(アスベスト)がありますよ!

 

 

 

「化学繊維」

人工的につくられたもので、レーヨンやキュブラなどの再生繊維、アセテートなどの半合成繊維、ナイロン、ポリエステルなどの合成繊維があります。

再生繊維はセルロースなどの天然繊維を原料にしてつくられるのに対して、半合成繊維は天然物質を科学的に変化させてつくられます。合成繊維は石油や石炭を使ってつくられています。

最近はサツマイモなどが原料のバイオベース繊維も増えているみたいです!

 

 

 

「混紡(こんぼう)」

天然繊維や化学繊維をミックスしたものです。ひとつの繊維にはない風合いや機能を生み出すことができます。

それぞれの繊維の割合はパーセンテージで品質表示タグなどに明記されています。

なお、天然繊維同士の混紡は技術的にとても難しく、種類が限られているそうです!

 

 

 

 

 

普段着ているお洋服がどんなものからできているのか知ってみると、季節や用途ごとに少しお洋服選びを工夫できるかもしれませんよね!

少し難しい話でしたが、もしよければ参考にしてみてくださいね!

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️
energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!
是非チェックしてみてください!

 

【📸エナクロのインスタはこちら📸】

 

 

 

 

 

 

 

編集サポート おっくん

CLOSETtoCLOSET(クロクロ)

通常価格

3,000

(税込)
購入はこちら

事前予約制のショップになります。

商品紹介

現在一番人気のPOPUPショップ ”CLOSETtoCLOSET(クロクロ)” 着なくなったお洋服を3着持参すると、店内のお好きなお洋服を3着まで持って帰れる事前予約制のショップです。   色んなところから集まった300着以上のお洋服から選んでいただくことができます。 掘り出しものもあるかも!?お洋服との一期一会の出会いを是非お楽しみく…

関連情報

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSETは、ご自宅に眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集