energy closet energy closet』はお洋服の循環をつくり表現していく  ”服を売らないアパレルブランド”です。     “クローゼットをお気に入りの服で満たす” ”着なくなった服は引き継いでいく”     みなさまが今よりもさらに自分のクローゼットを愛すお手伝いができたら幸いです。  こちらのサイトではPOPUPショップの事前予約チケットや、  新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。 energy closet

百貨店の歴史〜呉服店ってなに?〜

こんにちは!energy closet(エナクロ)代表のサユリです!

 

 

8月からスタートしたCARAVAN企画。

ありがたいことにたくさんの百貨店さまからコラボのお誘いを受けさせてもらえるまでにクロクロは成長してきました。

 

老若男女に愛される百貨店。

今回は百貨店の歴史について書いていきたいと思います。

それではいってみよー!!

 

 

 

 

 

老舗百貨店の歴史

 

実は百貨店は呉服店から発展した歴史があると言われています。

 

平均的に5階から10階くらいまでフロアがあり、
全国の大都市内の百貨店では、「百貨」という語句が入る通り、食料品や雑貨、衣類など幅広い分野の商品が大量に販売されています。

 

 

そんな百貨店の中で、大正・昭和時代に開業したところは別として、
江戸時代や明治時代に創業した老舗は、
歴史を紐解いてみると、ある分野の事業を発祥としているケースが多い事で知られているんです。

それは、「呉服(呉服店)」事業。

すべてではないものの、多くの老舗百貨店は呉服事業、
そうでなくとも、今でいうところの”ファッション商材”をもともと売って来た歴史を持ちます。

 

呉服店の販売方式としては座売りという方法がありました。

この座売りとは売り子は呉服店内の畳に座っており、来店客が来ると畳に上げ、要望の商品をひとつひとつ見せていくという販売方法のことです。

三越のデパートメント宣言を受け、呉服店の多くでは座売り方式よりも陳列販売が採用されるようになりました。

陳列販売とは、来店客が自ら商品を見て目に留まった物を選ぶことができるという販売方法です。

こうして呉服店の多くは百貨店へと進化していきました。

 

 

 

最初にできた百貨店

 

諸説ありますが、日本で最初にできた百貨店は現在の『三越』と言われています。

1904年、のちの三越にあたる株式会社三越呉服店は「デパートメント宣言」という宣言を発表しました。

この宣言はもともと江戸時代から呉服店『越後屋』を営んでいた『三越』が、アメリカのデパートメントストアのようにより多くの種類の商品を取り揃えた百貨店の業態へ変わるというものでした。この動きは新聞広告や雑誌にも多く掲載され、その後の日本の百貨店文化を確立するきっかけとなりました。

現代でもその文化は引き継がれています。

 

 

 

呉服店から百貨店に変革していく中で大きく変わったもの

 

ショーウィンドウ

もともと呉服店は蔵になっていました。アメリカのようなデパートメントストアを目指すためには、ショーウィンドウが必要でした。板ガラスは当時日本には存在しなかったため、アメリカから大きな板ガラスを輸入し、壁にはめ込んでショーウィンドウを作りました。このショーウィンドウを最初に導入したのは、百貨店『白木屋』と言われています。

 

 

下足預かりの廃止

呉服店では下足を脱いで上がらなくてはならず、そのたびに店側は下足を預かっていました。

百貨店へと変化していく中で、下足のまま店内を自由に見て回れるようになっていきました。

これもアメリカの文化を踏襲したのではないかと考えられます。

 

 

食堂

店内に食堂を設けることで、来店客が百貨店内に滞在する時間を長くしました。空腹を感じたらすぐに食事を摂れるようにし、空腹を満たすとまた買い物ができるような仕組みを作ったのです。

 

 

洋式の大建築

大きな建物であることは、百貨店を百貨店たらしめる条件であり、どの百貨店も建物を今までの呉服屋のサイズよりも大きく洋風に建て直しました。

 

 

バーゲン

これまでは実施しなかったバーゲンを行なうようになりました。普段は正価での販売ですが、年に何度か値段を大幅に下げる試みが始まりました。

 

 

文化活動

店内で展覧会や美術展、博覧会を開くようになりました。これは、百貨店が文化の発信地であることをイメージづけるためとされています。

 

 

 

 

 

 

百貨店は長い歴史を持って成長してきました。

これだけ長い間、多くの人から愛されるって凄いことですよね。

 

そんな百貨店とお仕事させていただく機会をいただけて本当に嬉しいです。

 

エナクロもそんな百貨店に歴史を一緒に刻んでいくぞ〜〜

良ければ百貨店で開催している『CARAVAN』にもあそびに来てくださいね☺︎

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます☺️

energy closet(エナクロ)ではInstagramにて最新情報の発信をしています!

是非チェックしてみてください!

 

【📸エナクロのインスタはこちら📸】

 

 

 

編集サポート おぎ

 

↓参考文献

ファッションガイドJP

https://fashion-guide.jp/trivia/departmentstore-origin.html

三井住友トラスト不動産

https://smtrc.jp/town-archives/city/nihombashi/p05.html

マーケットピア

https://www.homemate-research-department-store.com/useful/16321_shopp_002/

梨花和服

呉服屋ってどんな所?京都の老舗着物店から考える呉服屋の今

 

 

 

CLOSETtoCLOSET(クロクロ)

通常価格

3,000

(税込)
購入はこちら

事前予約制のショップになります。

商品紹介

現在一番人気のPOPUPショップ ”CLOSETtoCLOSET(クロクロ)” 着なくなったお洋服を3着持参すると、店内のお好きなお洋服を3着まで持って帰れる事前予約制のショップです。   色んなところから集まった300着以上のお洋服から選んでいただくことができます。 掘り出しものもあるかも!?お洋服との一期一会の出会いを是非お楽しみく…

関連情報

energy closet(エナクロ)公式サイト

energy closet energy closet

『energy closet』が運営するCLOSETtoCLOSETは、ご自宅に眠っている洋服を3着持参すると、好きな古着3着と交換できるポップアップショップです。売れない、サイズが合わない、通販で失敗した洋服があれば是非お持ちください!事前予約チケットや、新たにリメイクされたアップサイクルアイテムがご購入いただけます。

屋号 energy closet
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし
代表者名 三和 沙友里
E-mail info@energy-closet.com

コメントは受け付けていません。

特集